Anti penuaan

ココナッツオイルの使用感

美容の基本は保湿と日焼け止め

美容で何が一番大切かといったら

・保湿

・日焼け止め

です。

その中で保湿にオススメなのがココナッツオイル。

私もけっこう使ってます。

ココナッツオイルがどう保湿するのか?

ココナッツオイル、つまりは油ですが、油を顔に塗ることがなぜ保湿になるのかという根本的なところから。

要は油で肌に膜を張るわけです。

水と油、という諺があるように水と油は相いれない存在。

なので、水の上に油があると水は上に抜けられないんですね。

それが肌でも起きるということです。

ココナッツオイルで顔に油の膜を作り、肌の水分が抜けられなくする。

そんな感じで保湿してるんですね。

加えて、免疫の話になりますが、オイルが皮膚の常在菌のエサになり短鎖脂肪酸が作られます。

それが肌の酸性のバリアにあり、肌の保護にもなってくれます。

ココナッツオイルのいいとこ

ココナッツオイルじゃなくても油ならいいのでは?という意見も出てきそうなので、ココナッツオイルのメリットを紹介します。

・自然由来の成分

・ラウリン酸

がメリットになります。

まず、自然由来の成分だということ。

人工物より天然の成分のほうが身体にいいことはイメージしやすいですよね。

ある意味、天然のもので余分なものが入っているほうが成分濃度が高くなりすぎず、結果的に身体に良かったりします。

濃すぎる味が身体に良くないのと同じですね。

次にラウリン酸。

ラウリン酸とは、脂肪酸の一種でココナッツやヤシに多く含まれる成分。

その効果は【酸】という名前付いている通り

・抗菌作用

があります。

この抗菌作用が【ニキビ】などの皮膚トラブルを予防してくれるので、美肌に繋がります。

逆にココナッツオイルのデメリットは?

ココナッツオイルには当然デメリットもあります。

・肌荒れ

につながることもあるということ。

美肌効果があるんじゃないの?とツッコミたくなるかもしれませんが、これは肌に合わない人がいるということです。

これは試してもらうのが一番だと思います。

※ココナッツオイル自体は安価なもので、肌に使えなくても料理に使えるのでそんなにムダにはなりません。

先ほどメリットで挙げた【ラウリン酸】も肌を荒らす要因になり得ます。

抗【菌】作用があるということは、肌の常在【菌】にも抗菌してしまうということ。

薬と同じで効きすぎると逆に身体を壊してしまう、そんな感じのことが起きてしまいます。

ココナッツオイルは基本的には保湿効果があり美肌に効果がありますが、人によっては、状態によっては逆効果なこともあります。

それでもオススメの美肌アイテムなので、興味のある方は試してみてください。