Anti penuaan

ヒゲ脱毛と毛周期

ヒゲの周期に合わせて脱毛

ヒゲ脱毛の効果は個人差がありますが、ヒゲの毛周期を理解して脱毛すれば、より効果的です。

毛周期とは?

毛周期とは毛の発毛、育毛サイクルのことです。

毎日剃ることもあるヒゲが、抜いたとしてもまた生えてくることからも、毛にはサイクルがあり新陳代謝があることが分かります。

そのサイクルを分解していくと

・成長期

・退行期

・休止期

に分けられます。

ヒゲ脱毛はこのサイクルに合わせてやることが大事なんです。

ヒゲ脱毛の効率化

ヒゲ脱毛を効率化するには

・成長期(退行期よりの成長期ほど)

をねらってやる必要があります。

なぜかというと、退行期になると毛母細胞(毛を生やす細胞)から毛根が離れていくからです。

そうなると、レーザーの熱が毛母細胞に伝わりづらくなり、脱毛効果が薄くなってしまうんですね。

休止期に至っては毛根がそもそもないので、レーザーを当てても毛母細胞に効きにくい状況です。

ヒゲ脱毛に時間がかかるワケ

このサイクルはヒゲの状態を事細かく観察すれば把握できそうですが、そんな大変なことはないです。

まず第一に、ヒゲの本数が多すぎること。

数を数えるのも大変ですし、それぞれの位置を把握するのはもっと大変ですよね。

さらに、一本一本でサイクルが微妙にズレてもきます。

なので、サイクルのおおよその期間で判断するしかないんですね。

諸説ありますがヒゲの場合、毛周期のサイクルはおよそ3ヵ月。

そのうち、退行期と休止期は避けたいところですが、それも正確には把握できません。

なので、目安として10週間ほど間隔を空けて脱毛するというアバウトなやり方になってきます。

早く脱毛を終わらせたい、とはいかないんですね。

経験者の私の体感としては

ヒゲ脱毛の経験者である私の感覚としては、

・太いヒゲほど時間がかかる

・脱毛の感覚はしっかり空けたほうが効果的(12週間ほど)

・ヒゲの伸びが早い人ほど時間がかかる(朝剃って夕方にはしっかり青くなる人など)

でした。

逆にヒゲの本数が多い、というのはあまり関係ないように感じました。

あくまで個人の感想なんですが。

少なくとも脱毛を受ける方自身は医療的な知識がないはずなので、

・ヒゲの黒にレーザーが反応して熱を出す

・その熱が毛母細胞に伝わって機能を低下させる

・ヒゲが生えてこなくなる

・ヒゲと毛母細胞がしっかりつながっているほど効果が期待できる

のイメージを持って脱毛に取り組むのが大事かなと思います。

そのイメージがあれば、時間がかかることもイメージできると思うので。

急がば回れが脱毛です。