Anti penuaan

首の横ジワを気にするなら

首の横ジワの原因を知って男も美容を

男も気になる首の横ジワ

女性がよく気にする首の横ジワ。

確かにあれがあると、ちょっと老けた印象を与えてしまいますが、それは男も同じです。

首の横ジワができる原因

鏡で自分を見ると気になる首の横ジワ。

なぜできてしまうのかというと、いくつか原因がありまして

・首の筋肉の固さ

・首の筋肉の弱さ

・姿勢、フェイスラインに対する意識の持ち方

などなどです。

首の筋肉の固さが横ジワを作る

首の筋肉の固さがどうやって横ジワを作るのか。

筋肉が固いということは柔軟性がないということ。

その柔軟性のなくなった(低下した)筋肉の上に皮膚が乗っかっているわけなので、皮膚の柔軟性や滑走性にも悪影響が出ます。

皮膚の動きが乏しくなるとも言えます。

その状態が続くと皮膚の代謝も悪くなり、皮膚のコラーゲン線維も

・線維化が進む(過度に密度が上がる)

・潤いがなくなる(保水率の低下)

といった状態になり、シワが出きて、かつその状態で固定されてしまいます。

それは放っておいても自然に改善するものではないので、横ジワが気になったままになります。

首の筋肉の弱さが横ジワを作る

筋肉の固さだけではなく、弱った筋肉も首の横ジワを作ります。

その仕組みは太っていた人が大きく痩せると皮膚が余る、といった現象に似ています。

筋肉がある程度あれば、皮膚に張りがありますが、その筋肉が瘦せ細ると筋肉に対して皮膚が余ってしまいます。

その余った皮膚は折りたたまれ横ジワになるというわけです。

姿勢やフェイスラインに対する意識の向け方が横ジワを作る

首の横ジワを作ってしまう原因には心理的なものもあります。

自分をどう見せたいか、自分の身体に対してどう意識を向けているか、です。

分かりやすい心理状態は

・首を長く見せたい

・フェイスラインをすっきり見せたい

です。

首を長く見せようとするとアゴを過度に引くことになります。

実はそうすると首と鎖骨の間の皮膚の長さが縮まることになるので、皮膚が余りシワができます。

またフェイスラインをすっきり見せようとすると、首の筋肉も固めることになります。

首の筋肉が固まるとシワができやすくなるのは前述の通りです。

単純にシワを伸ばせばいい、と考える人も少なくないとは思いますが、伸ばして消えるなら苦労はないですよね。

固さか弱さか心理的な問題か、一度検証してみてください。

※横ジワができる原因の一部の紹介です。