Anti penuaan

肌のブツブツには脱毛(みかん肌)

肌のブツブツ、クレーターが気になる

鏡で自分の顔を見たとき、つい肌のブツブツ、クレーターのようなものが気になってしまう方。

その悩み解消には脱毛がいいかもしれないですよ。

ブツブツの中心は毛穴

肌のブツブツはどんな感じで出来るかというと、広がってしまった毛穴なんですね。

なぜ広がるかというと、毛穴の中に脂肪や角質が詰まった状態になってしまっているから。

そこで、毛穴の脂肪や角質を溶かす、といったような商品も出てきているわけですが、

それよりも肌のブツブツ解消に効果が期待できるのが脱毛です。

脱毛で毛穴を閉じる

肌のブツブツの根本が

・脂肪や角質

・毛穴

のどちらかと言えば毛穴だと思います。

そもそも毛穴がなければ(閉じていれば)、脂肪や角質がたまる余地はないので。

では、毛穴を閉じるにはどうすればいいかというと、脱毛で毛そのものをなくしていしまえばいいわけです。

なので、肌のブツブツには脱毛がオススメなんですね。

脱毛で逆に毛穴が広がらないか?

ただ脱毛は基本的にレーザーの熱で毛(ヒゲ)や毛根を焼き切るものなので、

やった結果、毛穴が痛んで逆に広がってしまわないか?、なんて心配も出てきます。

実際に、脱毛後に毛嚢炎(もうのうえん)といって、毛根周辺の炎症が起きることもあります。

ですが、その場合もちゃんとケアすれば大丈夫です。

脱毛後にそういうことが起きたら、できるだけ早く皮膚科受診してくださいとアドバイスも受けられます。

※医療脱毛を受けている場合、そこがだいたい皮膚科なので、また来院してくださいと言われます。

加えて、炎症が起きることも毛穴がしっかり塞がる理由になると思ってます(個人的な見解でもありますが)。

炎症はそもそも、壊れた身体の組織を修復するための反応です。

身体を異常から正常にもっていくための反応。

毛穴に置き換えると、毛穴が広がった状態から閉じた状態にもっていく、となります。

炎症反応が起きた場合、壊れた組織を治す材料を過剰に分泌する傾向にあります。

その過剰な材料が広がった毛穴をふさいでくれるイメージですね。

あくまで私の持っているイメージではあるんですが、イメージはしやすいんじゃないかと思います。

肌のブツブツ解消に脱毛をためしてみてはいかがでしょうか。