Anti penuaan

腸内細菌を学んで美肌に

腸内細菌がやってること

美容に関するトピックとして外せないのが【腸内細菌】です。

細菌、という悪いイメージもあるワードですが腸内細菌はとても大事です。

腸内細菌とは?

腸内細菌は、文字通り【腸内】に住む【細菌】です。

そして腸内細菌は一種類ではなく、何種類も存在します。

有名どころだと

・ビフィズス菌

・乳酸菌

です。

他にも

・大腸菌

・ブドウ菌

なんかも存在します。

色んな種類の腸内細菌、全部の数を合わせると

・100兆個(種類は1000種ほど)

くらい。

人間の身体の細胞数が40兆個ほどなので、倍以上の腸内細菌がいるわけです。

その多種多様な腸内細菌群はまとめて【腸内フローラ】と呼ばれています。

フローラ=植物相、なので、腸内の細菌の分のことですね。

腸内細菌がやってくれていること

この腸内細菌、なんで細菌なんていうイメージの悪そうなものを身体に住ませているかというと

・単純に役立つから

です。

人間にとってメリットのないものを住ませるわけはないですよね。

ではどんなメリットがあるか。

・食物繊維を分解して短鎖脂肪酸を作り免疫力を上げる

・食物繊維をエサにして分解し排便を良くする

・腸でのセロトニン産生を促す(幸せホルモン)

などなど。

免疫、排便、ホルモン、に関係する重要な隣人です。

この関係の良いところは、腸内細菌にもメリットがあること。

腸内細菌は食物繊維というエサをもらって生存、子孫繁栄できているからです。

まさにWin-Winの関係。

お互いに利があるからこそ、大切にしないといけないですね。

細菌だけに良いヤツも悪いヤツもいる

腸内細菌は、人間の腸内に共生しているわけですが、だからといって全面的に人間の味方というわけではありません。

・善玉菌

・悪玉菌

・日和見菌

という分類を知っている方は少なくないと思います。

中でも悪玉菌には要注意です。

名前の通り、【人間にとって悪い】ことをします。

※悪玉菌自体に悪意はないですよ。ただ生きてるだけです。

腸内細菌の働きを良くする、増やすといった場合は悪玉菌の割合を減らすことになります。

逆に善玉菌を増やすようにします。

日和見菌は一番数が多いのですが、名前の通り日和見して優位なほうにつくタイプのヤツです。

なので、善玉菌優位なら味方になりますが、悪玉菌優位だと敵になります。

そして、一番数が多いので敵に回るとやっかいですよね。

とはいえ、その性格を変えることは出来ないので、善玉菌優位な腸内フローラを作っていくことで味方につけるしかないです。

腸内細菌を理解するうえで一番大切なのは、彼らは別に人間の役に立ちたくて存在しているわけではないということ。

メリットがなくなれば敵にもなり得ます。

それでも人間にとって重要な存在であることも確か。

適度な距離感で付き合っていきたいですね。