Anti penuaan

薄毛対策の考察【AGAなど】

男の薄毛対策Aga治療より予防

薄毛の原因はどこに?

特に男性の大きな悩みの一つが【薄毛】。

【薄毛は治すより予防】なので、できるだけ早く取り組みましょう。

遺伝的要因は強敵

まず大前提として、薄毛になりやすい遺伝子を持っている方は薄毛改善が難しくなります。

薄毛の遺伝子が強ければ強いほど、です。

身長を伸ばしたくても伸ばせないのと一緒です(身長の場合は骨切り術がありますが…)。

なので遺伝子の影響が強い人ほど、諦める程度も大きくなってしまいます。

もちろん、今では薄毛治療薬もあり以前ほど治らないものではありませんが、それでも効果に遺伝子の影響が強く出るのは仕方のないこと、とするしかないです。

遺伝子以外のところで改善を目指す

もし薄毛を治したい、改善したいというのであれば、遺伝子については置いておくしかありません。

その中で出来ることと言えば

・頭皮の血流改善

・頭皮の柔軟性、滑走性

・ストレスの影響を下げる

になります。

まず頭皮の血流ですが、頭部というのは実は身体の末端にあたる部分なので元々血流が悪くなりやすいポイントなんですね。

しかも身体の一番上に位置するので、さらに血が昇って流れていきにくいポイント。

その前提をまず分かった上でやれることは

・全身の血流を高めること

になります。

もっと簡単に言うと

・心肺機能を高めること

です。

全身の血流に大きく影響するのは

・全身に血液を送り出すポンプの役割を持つ心臓

だからですね。

なのでやることは

・運動(筋トレ、有酸素運動)

という、極々普通の健康法、ということになります。

これを聞くと『そんなんで治ったら苦労はない』と思う方もいるかもしれませんが、これがベストです。

※薄毛の要因が血流であった場合、です。

普通の健康法すらできていない、やらない人がたくさんいる現代では、なおさら効果的なんじゃないかと思います。

次は、頭皮の柔軟性、滑走性です。

頭皮が固くて触っても動かない、動きが少ない人はそれだけで、薄毛になりやすくなります。

毛根を野菜に例えるなら、頭皮は畑です。

野菜を植える前に畑を耕してほぐすように、毛を育ちやすくするなら頭皮の柔らかさが必要です。

※頭皮が固い=薄毛、ではないですが、あくまで一つの要因です。

なので、頭皮の固さがあるなら改善したほうがいいです。

となると、頭皮のマッサージなどをしがちなのですが、それには注意が必要です。

肌のお話でよく出てきますが、皮膚は摩擦でダメージを受けてしまいます。

頭皮も皮膚なので同じです。

頭皮マッサージでゴシゴシするのは、逆効果になる可能性も。

頭皮マッサージをするなら、優しい力で頭皮に摩擦を与えないようにやらないといけません。

あと頭皮そのものをマッサージするのではなく、間接的に頭皮を柔らかくする方法を使うといいです。

その場合、首をねらってケアしてあげるのがオススメ。

頭皮には薄い筋肉も存在しているのですが、その筋肉は首や肩の筋肉と連結した筋肉です。

連結しているので、首や肩の筋肉が緩むことで一緒に頭皮も緩んでいきます。

・僧帽筋

・表情筋

・広頚筋

・胸鎖乳突筋

などの筋肉を触ってあげるといいですね。

頭皮を直接触るわけではないので、力を強めにかけてしまったとしても問題ないですし。

ストレス薄毛に与える影響…

最後はストレスが薄毛に与える影響なんですが、これは対処が難しいものになります。

確かにストレスによって毛髪に影響が出ることが間違いないです。

円型性脱毛症、がその代表例です。

ですが、人間に悪影響を及ぼすストレスの原因の多くは【環境】に由来したものです。

・人間関係

・住居環境

などが挙げられますが、それは変えることが難しいものですよね。

人間関係がストレスだからといって、人間関係を一気に清算することはできません。

住む場所なども気軽に変えれるものではありまんせんよね。

となると、ストレスによって薄毛になるからストレスをどうにかしようという作戦は上手くいかない可能性が。

薄毛をどうにかしたいのであれば、ストレスについては一旦置いておいたほうがいいかもですね。