Anti penuaan

筋肉で美肌【保水保湿】

筋肉で美肌 筋トレと肌の関係

身体を鍛えて美肌になる

筋肉を鍛えると美肌になれる。

イメージが湧きにくいかもしれませんが、仕組みをしると納得できます。

筋肉が肌に与える影響

筋肉と言えば筋力、つまりパワーを生み出すものといったイメージだと思います。

それももちろん大事なのですが、もうひとつ大事な機能があります。

それが

・グリコーゲンをたくわえる

という機能です。

グリコーゲンとは、要は糖質です。

糖質はエネルギー、つまり筋肉はパワーを生み出すものであり、ため込むものでもあります。

そのグリコーゲンが肌とどう関係してくるのか。

それは、グリコーゲンが筋肉に入っていくとき、水分と一緒に入っていくんですね。

水分が身体にため込まれる、つまり保水、保湿です。

その仕組みが筋肉が肌に影響を与える理由です。

筋トレは肌トレ

筋肉は水分もため込む。

それが分かると、肌質アップや保持に筋肉が必要なのは理解しやすくなります。

・筋肉が細い=水分量が少ない

・筋肉が太い=水分量が多い

となり、筋肉が鍛えられていると身体の水分量が多くなり、保水保湿も良くなります。

じゃあ顔の筋肉もガツガツ鍛えていけば、水分量が多くなり肌質も良くなるのかというと、そこはちょっと違ってきます。

なぜなら、顔の筋肉(表情筋)は非常に薄く、鍛えても太く(大きく)なるようなものではないからです。

しかも、鍛えすぎて固くなってくると、シワが増えてしまう可能性も。

顔の筋肉は鍛えるというよりは、刺激を与えて筋収縮をしやすくする、くらいの感覚で鍛えるのがいいかなと思います。

顔の肌質を良くしたいけど、顔の筋肉はガツガツ鍛えられない。

その場合も、顔以外の筋肉を鍛えて大きくしていけば大丈夫です。

顔以外の全身の水分量が増えてくれば、それが顔の肌質にも良い影響が出てきます。

ダイエット効果もあって一石二鳥で美肌に

筋トレが肌に良い。

それに加えて筋トレはダイエット効果も見込めます。

となると、肥満解消による肌質改善の相乗効果も出てきます。

いいこと尽くめになりますね。

結局のところ、運動の効果は万能すぎますね。